折り畳みキャリー収納バックを作りました

立て続けにブログを書く!

発行する本のサイズを「B5」にしたら、手持ち搬入ではたくさん持ち込めないことが判明しました。

スーツケースの中に本をいれて持ち運びしていたのですが、A5の本と同じ冊数入れると、重くてスーツケースが持ち上がらない!!

なので大きなイベントは宅配便搬入をする事にいたしました。

 

ですが、会場内で荷物を受け取るのは良いのですがスペースまで運ぶのにキャリーや台車が必要ですよね。

最初コンパクトキャリーというA4大に折りたためる軽くて小さなキャリーを買おうと思ったのですが、取り合えず家にあるものを使おう!という事になり、持ち運びに便利なようにキャリー収納バックを作りました。

 

家にある布地だけで作ろう!と思って厚めでバック向きの布地を探したら、

以前神戸屋風ボストンバック

を作った時のあまり布が出てきたのでそれで作成することに。

 

 

結果。収納バックの柄は神戸屋風になりました!

 

ちょっと大きく作りすぎました…、もっと幅が狭くて良かったのかも。

こんな感じです。

キャリーが入ってる様子

へたってるけどこんなカバンです。

チェックの部分はファスナーポケットになっていてゴムバンドなどを入れられます。

手持ちひもはもちろんついていますし、ショルダーがつけ外しできるので肩から掛けるし、スーツケースもハンドルにつけられるようにしたのでとにかく便利!

型紙からおこした割には2日で出来上がって満足です。

 

たぶん…原稿から少し遠ざかりたかったの(笑)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL