神戸屋さん風味ボストンバック製作日記

5月25日〜5月30日まで日暮里の繊維街がセールをやっているので何か作りたいな〜と思い、ボストンバックを作る事にしました。
まずは月曜初日に10時オープンと同時にTOMATO本館に入店!
あらかじめ「神戸屋さん風バック」と決めてあって、1週間ぐらい前に布地も決めてあったので10分ぐらいで布地の選択終了。
すぐに布地のカットの列に並ぶ事ができました。
本当に「すぐ並べてよかったです」
なぜって?
私たちがTOMATO本館で買い物を終わった後、カットの列は店の外まで伸びていたんです!!
 
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク
セール初日恐るべし!!
10時に入店できて良かった。
1Fの買い物が終わったら5Fに行ってかばんの接着芯やDカンなど細かい物を買って、夏のお洋服を作りたいのでセレクト館へ。
花柄のカワイイ綿素材の布地と、パターンを購入。
どれを買ってもセールだから10%OFFというのが、財布の紐を緩ませます(笑)

月曜日は買い物はそれで終了。
帰って早速買った布地の地直しを行いました。
バック用に買った布地は
コットン/リネンのチェック
コットン・リネンの生成り
コットンのブルー
の3種類です。

色落ちしそうなブルーの布地から地直しを。
お風呂場に水をはって、しばらく漬け込んだ後すこし揉み洗いします。
そのあと洗濯機で1分脱水
家の中で半乾きにしてから地の目を直しながらアイロンをかけていきます。

これは2枚終了の写真。生成りの布地はこれからアイロンって所です。
この作業は結構腰にきます…。


今回の型紙は「マザーズバッグの型紙屋さん〜byCorocoroly〜」さんはヤフーオークションに出品している
マザーズボストンLサイズの型紙を使用しました。
縫い代付きで丁寧な縫製工程表付きで今愛用中のバックもこちらの型紙を使って作成させていただいております。
バックを作りたい方は、お勧めです!!

型紙を切り抜いた後は、繊細なお洋服ではないのでチェコペンでパーツ名を記入していきます。
(もちろん表に見えないところにですよ)
ノッチ(合印)もこの型紙は細かく指示があるので、縫いやすくて助かりました。
ネットで買うお洋服って、ノッチが入ってないことが多いんですよ!!



水曜日ごろ
今回のテーマは「神戸屋さん」なので、表側はそれらしくデザインしてみました。
表側はゴムポケットが2つ。
後ろ側はファスナーポケット…。
と思っていたのですが、どうも表側のおリボンが野暮ったくみえて、結局おリボンの場所は変更になりました。

今月中に仕上げたいので(来月は夏コミ合わせのコスプレのご依頼があるので)どんどん縫い進めていきます!

木曜日

裏地完成、

表地に裏地を縫い付けていきました。
手縫いで縫い付けていくので、ちょっとつらかったです(;´Д`)


布地を表に返します。
おリボンは安全ピンを付けて好きな位置に付けられるようにしました。
とりあえずこの位置で!

その後、合皮の持ち手を縫い付けていきます。
もちろん手縫いです…。

もう、シンブル(指貫)大活躍!
てかなければ指が死んでいました。
もう一つ、小さいサイズのをゴムのやつ買おうかな?と思いました。

今シンブルの代わりに、事務用のゴムの滑り止めを使っているのでww
使い勝手はいいんだけど、針が当たると痛い!!
今中指にシンブル・人差し指と親指に滑り止めを付けています。

金曜日夕方*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・
出来上がりはこちらになります。



バックの持ち手はベージュにしてみました。
(青だとくどいかな?と思いまして)

肩からも下げられます。


バックの底はラミネート生地を使用しました。
これから梅雨の季節でバック汚れてしまうので、夏コミぐらいでデビューさせようかな?と思っております。
たくさん物が入りそうだけど、たくさん入れると危ないので(自分の体力が)気をつけます!











 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL